旅人になりたい

宮崎・青島海岸の黄色いポストに絵葉書を投函した思い出。あの時の旅の記憶を辿るブログです。

潮騒の新舞子浜と綾部山梅林

f:id:tabibitokun:20200511174421j:plain 赤とんぼ ♪ のたつの市

兵庫県たつの市は南北に長い。
最南端「御津町の海岸」へ出ると楽しみ方も色々とある。
姫路市から揖保川を越えて、海岸沿いの国道250号線
西へ向けてドライブするのは、四季折々に変化があって面白いと思う。

f:id:tabibitokun:20200603111524j:plain

清流の揖保川を西へ跨ぐと「ようこそ御津町へ」のアーチが迎えてくれる。
簡素な田舎ではあるが、農・魚・観光が売りの町でもある。

さ、楽しい思い出が幾つつくれるかの入口です。

 

潮騒を感じる街・御津町
瀬戸内海国立公園の最東部に位置し、揖保川河口右岸の新舞子から
千種川までの沿岸部家島諸島一帯の地域。
 

 ★新舞子・綾部山からの眺望。遠くに播磨工業地帯の西端が見える

f:id:tabibitokun:20200602165610j:plain

その手前には砂地の「成山新」が広がる。

戦後に出来た干拓地で、阪神間の台所を預かる野菜畑がある。

一畝100mもあり、飛行場のような広大な面積に驚く。

f:id:tabibitokun:20200602170011j:plain

高校生までは実家の農業の手伝いをしていたが、

あまりにも過酷な職業なので家を出てサラリーマンになった。

今では機械化されてはいるが、やはり儲からないのと体力が保てない。

田畑の相続は放棄したが、兄弟のもめごとも無くスッキリしている(笑)

美味しい野菜を買う方が楽でいいかも。

と、まあ、余談でした。

f:id:tabibitokun:20200602170313j:plain

 ★まずは新舞子浜へ足を運んでみよう

瀬戸内海国立公園の「新舞子」は、多くの観光客が押し寄せる。
観梅時期と潮干狩り、海水浴シーズンは、特に賑やかになる。

f:id:tabibitokun:20200602165347j:plain

f:id:tabibitokun:20200604161636j:plain

f:id:tabibitokun:20200604161751j:plain


新舞子浜は、近畿隋一の遠浅の海岸

白砂青松の美しい遠浅の海では海水浴が楽しめる(昔は凄かった)
潮の満ち引きが織りなす自然の造形美が有名で、
干潮時には、沖500mの広大な干潟が現れ、壮大な景色を見せてくれる。
日の出時刻が干潮だったら、太陽の光が海面に反射し、絵巻物を見るようだ。
カメラマン好みの最高スポットとしても注目されている。
 

f:id:tabibitokun:20200511172702j:plain

 早朝の干潟

f:id:tabibitokun:20200602123306j:plain

昼間の干潟

 

★春は観梅で賑わう

f:id:tabibitokun:20200602161847j:plain

綾部山梅林の観梅は1974年に始まった。
24haの広大な綾部山丘陵地に約2万本の梅木が植樹され、
2003年には8万人もの人が訪れ、関西屈指の観梅名所になった。

 

f:id:tabibitokun:20200602162319j:plain


綾部山丘陵地一帯が梅の花で染まる

f:id:tabibitokun:20200602162019j:plain

他にも 世界の梅公園丘陵の北側にあり、珍しい梅の花も見られる。
 

f:id:tabibitokun:20200602162224j:plain

f:id:tabibitokun:20200602164147j:plain


 観梅最盛期の綾部山梅林ふもとの畑では、

みつ 菜の花まつり行われ、黄色一色の景色に染まる。

 
f:id:tabibitokun:20200602123149j:plain
人かと思えば案山子だった! 人よりもホットする光景

f:id:tabibitokun:20200602163216j:plain


綾部山丘陵の梅林からの眺めはいい
遠くに家島群島、小豆島などの
瀬戸内の島々が見え、淡路島、明石海峡大橋まで一望できる。

f:id:tabibitokun:20200602164617j:plain